懐かしさあふれるレトロモダンな雰囲気を満喫できる九州・門司港 -海外旅行コラム-トラベルナビ! 【Manepa Card マネパカード】
  • 国内・海外でのトラブルに対応 サポートデスク
  • お申込みはこちらから
  • 会員ログイン

  1. ホーム  > 海外旅行お役立ち情報 > 海外旅行コラム-トラベルナビ!  > 懐かしさあふれるレトロモダンな雰囲気を満喫できる九州・門司港

海外旅行お役立ち情報 海外旅行コラム トラベルナビ!

2016年09月21日

懐かしさあふれるレトロモダンな雰囲気を満喫できる九州・門司港

本州から九州への入口となる門司港は、かつて日本の三大港としても栄えた場所。開港した明治時代から貿易港として栄え、今もその周辺には古き良きレトロモダンな建物や町並みが残されています。

味わい深いのが、大正3年に完成した門司港駅ドイツ人技師の監修によって建築した、モダンな洋風駅舎が見どころです。2018年まで駅舎の保存修理工事が行われていますが、青銅製の手水鉢や当時珍しかった水洗式トイレ、大理石とタイル貼りの洗面所などは見学することが可能です。列車も運行しており、哀愁漂うプラットフォームも懐かしさを感じることができるでしょう。

駅周囲には、旧門司三井倶楽部、旧門司税関、旧大阪商船ビルなど、レトロモダンな洋風建築物も残されています。


お申込みはこちらから
  • twitter
  • Facebook
  • LINEで送る
マネパカードご案内動画
お申込みはこちらから

Page Top